大手のバス会社なら定年まで恵まれた待遇で働き続けることが可能

数あるバスドライバーの求人の中でも、大手のバス会社に勤める路線バスのドライバーについては、定年まで恵まれた待遇で働けるといったメリットがあります。また、20代や30代の入社希望者を対象に、バスの運転のために必要な免許の取得費用の全額を負担したり、免許取得まで一日一万円を超える手当を支給したりしている会社も少なくありません。最近では、バスドライバーの不足を補うため、若年世代の求職者のリクルートに力を入れているバス会社の数が増えています。そうした中、入社後に不安なく仕事をこなすうえで、ベテランのドライバーによる現場での実習が丁寧に行われているところや、長期にわたるキャリア形成のための制度があるところを就職先の候補に入れるのがおすすめです。

未経験者も契約社員として勤務を始められる会社もある

バスドライバーの求人に応募をするためには、大型二種免許やある程度実務経験が必要となるケースが多くありますが、地域によっては未経験者に対してもやる気次第で採用を決めている会社もあります。たとえば、年間を通してバスドライバーが不足している会社の中には、業務未経験者を契約社員として雇用しているところもあり、実際に乗務をこなしながら少しずつスキルを磨くことが可能です。バス会社によっては、数年の実務経験を積んでから正社員登用を行っているところもあり、就職先にこだわることで高収入を目指すことも可能です。その他、バスドライバーの雇用形態や待遇については、会社ごとにバラつきが大きいため、慎重に就職活動を進めることが大事です。